絵画クリエイターの収益化方法のcasieが話題

リスクをアーチストと折半し急成長
カグア! 2022.02.18
誰でも

絵画の世界はとても厳しい世界です。ただ最近、ネットで収益をあげる方法として、とても注目されているサービスがあります。それがcasieです。京都のベンチャーなのですが、絵画のサブスクを手掛けています。手軽にアートのある生活をおくれると話題です。

.

自分にぴったりのアートと出会える

casieは、絵画が月額定額費用でレンタルできるサービスです。絵画の大きさに応じて、2200円、3300円、5830円というリーズナブルな価格設定です。毎月変えてもよいですし、継続的に同じ絵画をかざってもOKで、さらに気に入ったら購入も可能です。

アートのサブスクCasie(かしえ)

https://casie.jp/

公式サイトのトップには、アート診断といった簡単なアンケートもあり、そこで好みを答えていくとおすすめのアートを紹介してくれるなど、新規向けの仕掛けもしっかり組み込まれています。

.

登録アーティストにレンタル売上の35%

2020年1年間のアーティスト登録数は、2019年から約4倍にふえサービスが支持されていることがわかります。アーティストへの報酬は、レンタル売上の35%ということで、けっして高いわけではありませんが、それでも継続レンタルされれば、積み上げで安定した収益が期待できる、というわけです。

海外のクリエイター支援サイトのPatreonでも、売上の数%をアーチストからもらうというビジネスモデルで、リスクをアーチストと折半するビジネスモデルには、やはり共感をよびますね。

「完売画家」中島 健太

https://amzn.to/3sRR2bu

さて、こちらの書籍でも紹介されているのですが、日本では絵画だけで食っていける人は本当に少ないようです。実際に数えられるくらいだとか。本書では、著者が実際におこなっているマーケティングの手法を紹介してくれています。

そこで書かれていることは、とても泥臭い、地道な活動であることがわかります。そう考えますと、casieというサブスクで売上がかりに少なくとも、地道にニーズにこたえ継続していくことが重要であることがわかります。

実際、casieでは審査制をとっており、応募した作品すべてがレンタルされるわけではありません。ある作家さんは、5点応募して2点が合格したとのこと。

しかしcasieは、落選したアーチストにも連絡をして、アドバイスや、問い合わせの情報を伝えるそうです。そうした情報にこたえたアートを描いて応募すると、審査に通過して、すぐにレンタルが決まったというケースも。

やはり求められているアートを描く、ということが収益アップにつながることがわかります。

リスクをディストリビューターとシェアし、ユーザーのニーズに答え続けていく。クリエイターの収益増の道はじつはシンプルなのかもしれません。

.

★番組への、ご感想・ご質問 お待ちしてます。

https://bit.ly/2SbRMHb

★「stand.fmの歴史」がオーディオブックと電子書籍で2月17日に販売開始

https://note.com/kagua/n/n931485cd5a2b

★書き起こし無料ニュースレター

https://creator.theletter.jp/

★クリエイターエコノミーニュース公式Twitter

https://twitter.com/yoshiyoshinews

#絵画 #サブスク #画家 #casie #アーチスト #クリエイター

「クリエイターエコノミーニュース」をメールで読みませんか?

無料で「クリエイターエコノミーニュース」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第2週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第2週
読者限定