TikTokerがYouTubeショートで苦戦する3つの理由

いっぽうでVLOGなど相性のよいTikTokerもいます
カグア! 2022.01.06
誰でも

 おはようございます!(^_^)

TikTokでバズってYouTubeへ誘導する、というのは定番手法になりつつあります。いっぽうで、すべてのTikTokerが応用できるものではないことがわかってきました。YouTubeで苦戦するTikTokerに共通する傾向をまとめます。

#TikTok #YouTube #フォロワー増やす #インフルエンサー #バズる方法

.

★理由1:楽曲ありきの動画やダンスは厳しい

TikTokでは、TikTokのみの限定楽曲があります。また、ユーザー独自の音源や、著作権侵害アップロードの音源で、バズることもよくあります。しかし、これはらYouTubeショートでは当然つかえません。ですので、楽曲や音源ありきのダンス動画や面白動画(タイミングに合わせて動くなど)は、残念ながらYouTubeショートではそのまま使えないため、TikTokerも、YouTubeのための動画をあえて作らなくてはなりません。

★理由2:バズっても収益化できない

YouTubeショートは、YouTubeショートが連続表示される画面では、広告が流れません。ですので、収益化が難しいため、モチベーションが維持しづらく、苦戦するユーチューバーは多そうです。

YouTubeショートは、YouTubeアプリのトップというとてもおいしい場所にインプレッションするため、再生数は稼げるのですが、リターンが少ないことがネックになります。

★理由3:検索されてもフォロワー増えない

今のYouTubeは競争がとても激しくなっています。また、動画も飽和状態ですので、もう以前ほどは気軽にフォローをする雰囲気ではなくなっています。ですので、現状、無名のユーチューバーがフォロワーを増やすには、目的をもって検索しているユーザーに見つけてもらい、チャンネル登録画面で期待するノウハウなどが並ぶなどするチャンネルが人気です。

しかし、YouTubeショートではサムネイルの作り込みをしないケースが多いため、そうなるとあまり価値が感じられずフォロワーが増えない。そうしますと、投稿モチベーションがあがらず苦戦する、となります。

★YouTubeの文脈にあった動画投稿が不可欠

ですので、有名TikTokerであっても、YouTubeで人気がでるためには、やはりYouTubeショートではなく、通常動画に再編集をして、しっかりサムネイルをつくり投稿することが重要です。

また、そもそもの相性というものもあり、VLOG、レビュー、トーク、コント、セクシー、などは長尺にしても相性がよいため、チャンネル登録者をふやしているTikTokerは多いです。

今後も、SNSはそれぞれの進化をしていくため、それぞれの文脈やリスナー層に合わせた再編集は不可欠になっていくでしょう。

プロもぞくぞくと参入し、競争激化しているTikTok。その導線も、だんだんと狭き道になっていきそうです。

.

さて、明日 2022年1月7日は、、、!

・七草粥
・爪切りの日
・昭和最後の日
・ちびまる子ちゃん 放送開始
・ドコモがPHSサービス終了
・ケニー・ロギンス 誕生日
・昭和天皇 崩御

#明日のネタにどうぞ

「クリエイターエコノミーニュース」をメールで読みませんか?

無料で「クリエイターエコノミーニュース」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第2週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第2週
読者限定