SNS投稿時にステマで炎上しないために絶対に注意することとは

無料提供でも炎上するケースも。巻き込まれないためにできること
カグア! 2022.01.26
読者限定

👇👇👇こちらから音声を聴けます。

TikTokがステマ投稿をさせていたと報じられました。TikTokはこの件についてみとめ「申し訳ない」とコメントしたとのこと。TikTokのモラルは問われるべきですが、インフルエンサーは、ステマと言われないためにどう気をつければいいのか。過去の事例をまとめると、実は、ステマになるかどうかは依頼主が決めるのではなく、一般ユーザーが決めることなのだと気づけます。

TikTok運営会社が一般投稿装い動画宣伝させていた

https://bit.ly/342YCHN

WOMJガイドライン(2017年12月4日release)

https://bit.ly/3tVjVpx

#TikTok #TikToker #Twitter #ツイッタラー #ステマ #炎上 #ステルスマーケティング

メディアとしてのTikTokの責任は重い

今回TikTokが批判をされたのは、Twitter投稿者に広告とはっきりわかるカタチでの宣伝ではなく、自然なかたちであたかも通常の投稿のように、TikTokの人気動画を投稿させ、報酬を支払っていたことです。

シンプルにPRタグをいれればすむところを、彼らはその指示をしなかったと見られ、広告と認識せずそれらの投稿を見ていたことになります。TikTokは、すでに世界的にもっともダウンロードされているアプリであり、社会的責任も大きなものになっています。そうしたメディアは姿勢も問われるべきで、今後の彼らの対応に注目は集まることでしょう。

欧米ではステマは違法となっていますが、日本では法制度が整備されていません。しかし現状では、虚偽や優良誤認に照らし合わせ、景表法などでの違法行為として扱われるケースが多いです。インフルエンサーは、こうした案件を、知らずに受けてしまうリスクは避けるべきです。

あなたがステマに関わらないために

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1083文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年11月第2週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第5週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第4週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第3週
読者限定
音声メディア関連ニュースまとめ2022年10月第2週
読者限定